ReVision〜個人ビジネスコンサル〜

"主人公"として人生にチャレンジする

成長→成功のためのビジネス戦略と行動指針

アフィリエイトサイトの設計図を作るためのキーワードの探し方

サイト作りに初めてチャレンジする方の多くが、ゴールまでの設計図を持たずに、やみくもに前に進んでしまいます。しかし、このようなやり方で実践してしまうと、必ず途中で「このままやっていて稼げるのか?」「あとどれくらいやれば稼げるのか?」と不安になり、挫折してしまうのがオチです。

この解決法はズバリ、最初にサイトの設計図を作ってスタートすることです。料理にもレシピがありますし、プラモデルなどにも組み立てマニュアルがついています。最初の時点で、設計図を作っておくことは、サイト作りに関しても非常に大切です。

この記事では、これからあなたがサイトを作る際に必ず最初に準備しておいてほしい、「サイト設計図」の作り方を解説しています。

サイト作りでの設計図とは、記事リストである

最初に、設計図とはどのようなものなのかを説明しておきます。設計図と聞くと、少し難しく感じるかもしれませんが、サイトアフィリエイトをする際の設計図とは、あなたがこれから書いていく記事リストのことと考えてください。

これから作るサイトの目的は、「読者さんのためになる情報を伝えること」なので、基本的に記事さえあれば、それを達成することができます。

もしも、その他のWebサービスやアプリであれば、登録画面や投稿画面があったり、チュートリアルがあったりと、設計もより複雑になってしまいますが、情報を伝えるだけであればこういった画面は必要ありませんよね。

ですので、これからあなたは記事リストを作っていくことになります。

記事リストを作るために必要なキーワードリスト

で、この記事リストですが、なんの思惑もなく、適当にピックアップしていくわけではありません。

前提としておさらいしておきますと、まずこれから作っていくサイトは、検索エンジンからの集客をメインに行います。となると、必要なのが検索キーワードの対策です。あなたのサイトに、「脱毛 エステ」というキーワードを含む記事が無ければ、当然「脱毛 エステ」で集客することはできません。

つまり、対策したいキーワードリスト=記事リストになるというわけです。

goodkeywordで検索した結果

例えば、脱毛というテーマを選んだのであれば、こんな感じでたくさんの脱毛に関連するキーワードが見つかります。こうしたたくさんあるキーワードの中から、より関連度の高いキーワードをピックアップしていき、記事リストを作るというわけです。

設計図=記事リスト=キーワードリストと考えてください。需要のあるキーワードに沿って記事を書くことで、より効率的にサイトにアクセスを集めることができるようになります。そのための、設計図作りがこの記事で紹介するステップです。

サイト設計図を作るために必要なキーワードの探し方

ここからは、実際に設計図(記事リスト)を作る方法について解説していきます。

1.キーワードをピックアップしていく
2.ピックアップしたキーワードをまとめていく

この2つのステップで、サイトの設計図を作ります。慣れないうちは少し時間のかかる作業ですが、後々楽をするためにもしっかりと実践してみてください。

キーワードを探し始める前の注意点

設計図はたしかに大切なものですが、最初から完璧なものを作れるわけではありません。また、新しい商品が出たりとキーワードは日々増え続けています。

なので、1番最初は100%のものを作ろうとせず、まずは時間を決めて、限られた時間の中で必ず完成させることが大切です。最初は、要領を覚えること。そしてスタートすることが大切です。経験を積んでいけば、より良い設計図を作れるようになっていきます。

サイトは書籍と違って、どんどん情報を追加することができるので、最初から完璧を目指すよりも、進めながら都度アップデートしていきましょう。

では、さっそくやり方紹介していきます。

1.テーマやジャンルキーワードの関連ワード

テーマやジャンルを選んだばかりの状態では、どんなキーワードがあるか全く分かりません。そこで、まずしてもらいたいのが、ジャンルキーワードを検索したときの関連キーワードのリサーチです。

関連キーワードの例

関連キーワード、またサジェストキーワードと呼ばれるものですが、検索したときに「もしかしてこれじゃない?」と、検索エンジンが自動で提案してくれるキーワードのことです。

この関連キーワードには、ユーザーがよく検索するキーワードが表示される仕組みになっています。よく検索するということは、それだけ需要があるということ。この関連キーワードを押さえることで、多くの人はどんなキーワードで検索しているのか(どのような疑問や悩みを持っているのか)を、把握することができます。

また、この関連キーワードは、ツールを使うことで自動で取得することができます。

関連キーワードツール

関連キーワードツールのサイトを見る>>

こんな感じですね。ジャンルが脱毛なら脱毛、青汁なら青汁と入れて、まずは関連キーワードを抽出してください。これにより、キーワードの幅、視点を広げていくのが最初のステップです。

2.扱う商品のランディングページから

関連キーワードを、ツールで抽出するのはとても簡単なことですが、簡単なだけに多くのアフィリエイターが実践しているステップです。つまり、ジャンルを起点として関連ワードを探していくと、似たり寄ったりのサイトになってしまい、上位表示が難しくなります。

そこでしてもらいたいのが、あなたがテーマとしているジャンルで扱う商品のランディングページのチェックです。

商品のランディングページはキーワードの宝庫

ランディングページは、商品を購入してもらうための大切なページなので、企業側もしっかりとお金をかけてリサーチし、購入者に響くようなキーワードで訴求をしています。

つまり、ランディングページに登場するようなキーワードは、需要が高く、購入者さんが気になるようなキーワードであると考えられます。

扱うジャンルやテーマによって、複数の商品が存在すると思いますが、それらの商品のランディングページをチェックしてキーワードを抜き出してみてください。

ランディングページからキーワードを抜き出すのは難しい作業ですが、この時点では正しいか正しくないは気にせずに、まずは気になったものをどんどんピックアップしてみてください。

3.実際に検索して、ライバルサイトの記事ネタをチェック

関連キーワードと、商品ページを見るだけでもかなりのキーワードが集まります。ですが、あと一工夫。次にライバルサイトのリサーチを行ってみてください。

ここまでのステップで抜き出したキーワードを実際に検索して、上位表示されているサイトをチェックしていきます。

すると、上位表示しているサイトは、独自の視点を持って記事を書いている(キーワードを選んでいる)ことが多いです。先輩アフィリエイターさんのサイトは非常に参考になるので、必ずチェックするようにしてください。

ライバルサイトからのリサーチ

サイトによっては、このような形でサイドバーに人気記事をまとめてくれていることがあります。よく読まれているということは、それだけ集客がうまくいっている需要が高いネタです。こういうところからもキーワードが見つかることがあるので、必ずチェックしてみてください。

4.書籍や雑誌をチェックしてみる

ここまで来たら、あとひと押し。最後に書籍や雑誌などもチェックできれば完璧です。あなたもこれを聞いて「めんどくさいな…」と感じたかと思います。

ですが、これは多くの人が考えることであり、逆にこのステップを実践することで、ネット上にない知識で勝負することができるのでライバルと一気に差が付きます。

本として出ているものに関しては、監修や校閲も入っているので、ネット上の出処が分からない情報と比べても非常に信頼性が高いです。こうした、本から仕入れた知識は、後ほど記事を書く際にも非常に役立ちます。

購入に抵抗を感じるようでしたら、本屋さんに行って立ち読みをしてみてください。雑誌コーナーで少し立ち読みするだけでも、色々なキーワードが見つかりますよ。

ピックアップした記事をまとめて完成

1〜4までの方法で、たくさんのキーワードをピックアップできたかと思います。ピックアップしたキーワードは、必ずメモ帳かエクセルなどに全てメモしておいてください。

で、ここからはピックアップしたキーワードをまとめて、実際に記事リストにする作業に入ります。以下の点を注意しながら、まとめていってみてください。

1.ジャンルに関係のないキーワードを除く

こうしてキーワードをピックアップしていくと、ジャンルにあまり関係のないキーワードも出てきます。とくに、関連キーワードツールを使う場合は、関係ないキーワードが含まれやすいです。

例えば、「脱毛」というキーワードで検索してみると、以下のような関連キーワードが見つかります。

  • 脱毛症 ウィッグ
  • 脱毛サロン 志望動機
  • 脱毛 vio メンズ

もしあなたが、「女性向けの脱毛サロン」のサイトを考えているのであれば、どれも関係のないキーワードであることが分かるはずです。

最後の「脱毛 vio メンズ」に関しては多少関連するものではありますが、女性向けにサイトを作っているのであれば、このキーワードは除外しておきましょう。

2.意味が重複するキーワードをまとめていく

また、キーワードの中には意味が重複するようなキーワードも存在します。

  • 脱毛 1回目
  • 脱毛 1回
  • 脱毛 1回だけ
  • 脱毛 1回目 効果

と、このように、一緒の記事に書いておかしくないものについては、まとめてあげます。この場合は、それも「1回の脱毛でどれくらい効果があるの?」という意味ですね。あとよくあるのは、

  • 方法
  • やり方
  • ◯◯するには

なんてキーワードもまとめてあげることができますね。こうしたキーワードをバラバラにしてしまうと、同じような記事が2つも3つも出てきてしまいます。現在は重複コンテンツはマイナス評価につながってしまうので、必ず同じような意味のキーワードは1つの記事でまとめてあげてください。


サイト設計図の作り方に関しては以上です。

キーワードリストが出来たら、あとはそれに沿って記事をコツコツと追加していくだけです。僕の場合は、タイトルを先に決めることもありますが、その辺はあなたのやりやすい方法で進めてもらって大丈夫です。

今回調べたキーワードを更に深掘りして、より良い記事を書く準備をするためのステップは以下の記事で紹介しています。

キーワードからタイトルを付けるステップについては以下の記事を参考に。

実際に、記事本文を書いていくステップについては以下の記事を参考にしてください。

設計図を作ることで「これから何を、どれくらいの量こなしていくか?」が明確になり、スムーズに今後の作業を進めることができます。是非、この記事を参考にして最初に設計図を作ってみてください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!


僕は元々は時給300円以下の極貧生活も経験をしています。働いても働いても、稼げない…ビジネスのセンスや才能はまるで0でした。

学生の頃父親に「おまえは何にもなれない」と言われたことがコンプレックスで、レールに沿った人生の方が幸せだったかもと思ったことが何度もあります。

それでも、自分で生きると覚悟を決めて本気でビジネスに取り組むことで、今では普通のサラリーマン以上の収入をもらい、好きな人たちと楽しく仕事ができるようになりました。それにセンスも才能も、恵まれた環境もいりません。

ビジネスで自立して、主人公として生きていく。過去の僕と同じように人生モヤってる人が思いっきり活躍するために、その具体的な方法や、僕の過去の経験をメールでお話しています。

祐が月収280万円を達成したスモールビジネス戦略と経験>>

「自分でビジネスをして、もっと自由な時間もお金も作りたい!」
好きな時間、好きな場所、好きな人と。パソコン一台で月収200万円を稼ぐ僕が、
楽しくビジネスを成功させ、夢を叶えるためのステップを講座にしました。

  • 時間の無いサラリーマンや主婦でも稼げる副業ビジネスの始め方
  • 毎月30万円以上の収入をもたらす資産型サイトの作り方全ステップ
  • 放置でもアクセスが集まり続ける正しいサイト設計図の作り方
  • 半自動化でビジネスを動かし、自由なライフスタイルを送る方法
  • 今日からできる!目標・夢を確実に達成するための簡単ステップ
  • 本の著者や、資産3億円の投資家などから次々と依頼がくるブランド構築術

などなど。僕がが学び、実践して得たノウハウのみをお届けてしています。
講座を受け取りたい場合は、以下のフォームからお名前と普段を使いのメールアドレスを記載して、案内を受け取ってください。

無料でプレゼントを受け取る!

お名前(苗字)
メールアドレス

※ しばらく経ってもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダを確認していただき、届いていない場合は再度正しくメールアドレスを入力してください。また、スマホなど携帯メールアドレスは届かない場合があります。必ずパソコン用のメールアドレスをご記入ください。

Profile

祐(ユウ)

法人5期目。日々勉強。

「おまえは何にもなれない」と父親に言われ劣等感をこじらせまくる。反骨精神と逃げたい気持ち半々で田舎から上京。

東京で働き口を見つけるも、会社の給料の未払いから「このままじゃやばい」と思って独立。が、時給300円以下のもっとやばい地獄の生活を経験。そこから真面目にビジネスを学び今に至る。

枠からはみ出ても、本気で生きればなんとかなる。1人1人が“主人公”として生きるために、パソコン1台でできるスモールビジネスの始め方・やり方をブログやメルマガで発信しています。

  • 新規メディア半年で月収135万円達成
  • その後、10ヶ月目に月収280万円達成
  • 月間1億PV メディアデザイン制作
  • 某2億円規模塾 ツールデザイン制作
  • 有名RPGキャンペーンページ制作
  • ジャンプアニメサイトデザイン制作

僕が情報発信をする理由>>

Pickup

Recent

Category